【2歳の子供の靴がすぐにボロボロに】長持ちさせるための5つの方法

ボロボロになった子供の靴 未分類
ボロボロになった子供の靴
スポンサーリンク
Kutoon

子ども靴の寿命の平均は?

子供靴の寿命は、靴の種類、子供の活動レベル、子供の足のサイズや成長速度など、さまざまな要因によって異なるため、この質問に対して一般的な答えを出すことは困難です。

例えば、活発なスポーツや外遊びで履く靴は、それほど激しい運動で履く靴よりも早く擦り切れる可能性があります。同様に、小さすぎたり大きすぎたりする靴は、お子さまの足を適切に支えることができないため、より早くすり減る可能性があります。

一般に、子どもの靴には、穴や破れ、底のすり減りなどの磨耗の兆候がないか、定期的にチェックすることが大切です。靴に磨耗の兆候が見られたら、買い替えの時期かもしれません。

また、お子さまの足のサイズを定期的に測り、正しいサイズの靴を履いているか確認するのもよい方法です。子どもの足はすぐに大きくなるので、靴がきちんとフィットしているか、快適でサポート力があるか、定期的にチェックすることが大切です。

子供靴ってどうしてすぐにつま先がすれるの?

子供の靴がすぐにつま先がすれる原因はいくつかあります。
考えられる理由は以下の通りです。

原因①:靴のサイズが合っていない

靴が小さすぎると、子供のつま先が窮屈になり、靴の内側とこすれ合って、靴が早くすり減ることがあります。

原因②:耐久性のある素材でできていない

靴の中には、耐久性に劣る素材でできているものもあり、その場合、摩耗が早くなることがあります。

原因③:アーチが高い

アーチの高いお子さまは、靴のつま先にかかる圧力が大きくなり、靴が早くすり減る原因になることがあります。

子どもの靴がつま先から早くすり減るのを防ぐには、靴が正しくフィットし、丈夫な素材でできていることを確認することが大切です。また、定期的に靴の摩耗の兆候を確認し、必要な場合は交換する必要があります。

少しでも長持ちさせるための工夫は?

靴をできるだけ長持ちさせるためには、いくつかのステップを踏む必要があります。

靴を長持ちさせる5つの方法

  • 同じ靴を毎日履かない

数種類の靴を交互に履いて、それぞれの靴を休ませ、回復させましょう。
こうすることで、1足の靴の磨耗を防ぐことができます。

  • お手入れをする

靴を定期的にクリーニングして、靴を美しく保ち、乾燥やひび割れを防ぎましょう。

  • 新品時に対策

靴を長持ちさせるためには、靴の表面に靴クリームを塗って薄い膜を作り、シミやキズを防ぐことが大切です。
また、防水スプレーを必ず使用することも重要です。
靴のソールには補強用のラバーソールを貼って、靴本体のソールを傷みにくくすることもおすすめします。
新しい靴は箱に入れずに、しっかり乾燥できる場所で保管することをお勧めします。
シーズンオフには箱に入れることもOKです。

  • サイズが合った靴を選ぶ

サイズが合わない靴は、靴が傷みやすくなり、汗をかきやすくなります。
そのため、正しいサイズの靴を選ぶことが重要です。試着して、サイズが適切な靴を選んでください。

  • 正しい姿勢で歩く

歩き方を変えることで、靴の底を地面により少なくこすることができます。
姿勢が悪いと靴がすぐに傷みやすくなるため、正しい歩き方を心がけましょう。

これらのステップを踏むことで、靴を長持ちさせ、投資効果を最大限に引き出すことができます。

スニーカーが長持ちする保管方法

 湿気から守るための3つの対策

黄ばみ防止剤で変色を防ぐ

スニーカーは空気に触れると黄ばんでしまうので、防虫剤やミセスロイドを入れたファスナー付きのビニール袋に入れることが有効です。
この時、乾燥剤と同じように黄ばみ防止剤がスニーカーに当たらないように注意し、ソールの下などに入れるのがおすすめです。
また、スニーカーを買う時に付いている再生紙も取り除くようにしましょう。
再生紙には不純物が含まれており、黄ばみの原因になることがあります。

定期的にお手入れする

シューズカバーやガロッシュは、スニーカーの上に装着し、湿気から保護するための追加レイヤーとして設計されています。雨天時には特に有効です。

直射日光に当てない

スニーカーの劣化を早めるため、湿気や水分の多い場所での保管は避けてください。
直射日光を避け、乾燥した涼しい場所に保管してください。

子どもの靴選びには注意を払っていますか?

今回は正しい靴の選び方と履き方について話したいと思います。
自分自身の足を意識して正しい靴を選んでいるかどうかは自分自身がよく知っていると思いますが、子どもの足を意識して靴を選んでいる親は少ないのが現状です。

靴選びの正しさとは何か、そもそも足や靴について詳しく知る機会がなかったため、足を意識して靴を選ぶことができなかったのではないでしょうか?
足は全身を支える基礎であり、健康に大きな影響を与えます。

足育とは、足、足の指、爪、そして靴の選び方や履き方について正しい知識を得、理想的な足を育てることを指します。
足育の適した時期は、3歳から7歳で、その後10歳までに骨の骨格を形成し、基礎を完成させます。

正しい靴の選び方はなぜ重要なのでしょうか?

子どもには適した大きさ、形に合った靴を履かせることが重要です。小さすぎる靴やつま先にゆとりのある靴を履かせると、大人でも疲れるだけでなく、子どもの足も変形しやすくなり、不自然な姿勢を生み、内臓にも影響を与えます。

子どもに適した靴を履かせることで、正しい足の感覚を身につけ、足が正しく成長します。
また、足に合った靴を履かせることで、運動能力や集中力を高めることができ、子どもの肩こりやイライラを防ぐことができます。
特に、1歳半から2歳は人生で最も足が伸びる時期であり、この時期に足と靴の正しい感覚を身につけることで、大人になっても足に合った靴を選ぶことができるようになります。
それでいて、正しい靴選びが不可欠であることがわかるでしょう。

靴選びにおいて、多くの人が誤っていることについて

多くの人たちが「軽い・脱ぎ履きが楽・大きめの靴」を選んでいるように見えますが、これは間違いです!「軽い・脱ぎ履きが楽・大きめの靴」を選ぶことは、骨がまだ完全に形成されていない子どもの足にとって望ましくありません。
それでは、なぜこのような靴は足に悪影響を与えるのでしょうか?

軽い靴は足を支える力がなく、子どもの足を正しい姿勢に促すことができない。適度に重みがある、しっかりとした作りの靴が望ましい。靴の重さは靴底に入っているパーツの数で決まるが、靴底が曲がらない靴や重すぎる靴はNG靴となるので注意すること。

子どもの足に適した靴を選ぶ上で、「脱ぎ履きが楽」という条件はNGです。これは、靴が足に合っていない場合が多く、マジックテープやヒモで足を固定していないためです。特徴として、履き口が広く、甲の部分がブカブカしていることが挙げられます。この状態では足がスリ足になり、靴の中で足が動くため、正しい筋肉の発達を促すことができず、体が揺れやすくなってしまいます。

靴が大きすぎると、足が動きやすくなり変形しやすくなります。また、靴の中で角質ができ、皮膚が硬くなってしまうことも懸念されます。靴が大きすぎると足裏の感覚が鈍ってしまい、運動機能や神経系の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

正しく靴を選ぶときの5つのポイント!

足のサイズを測る
靴のサイズが合っているかどうか、確認することが大切です。専門家に足を測ってもらうか、サイズ表を参考に自分に合ったサイズを探しましょう。

足のタイプを考慮する
異なる足のタイプは、靴の異なるタイプが必要な場合があります。例えば、偏平足であれば、アーチサポートのある靴が必要かもしれません。

サポート力のある靴を探す
アーチサポートがしっかりしていて、かかとが丈夫で、履き心地の良い靴を選びましょう。きつすぎたり、ゆるすぎたりする靴は避けてください。

適切なフィット感のある靴を選ぶ
小さすぎる靴や大きすぎる靴は、不快感や足のトラブルの原因になります。購入前に必ず試し履きをして、正しくフィットする靴を選びましょう。

活動レベルを考慮する
あなたが行う予定のアクティビティに適した靴を選択します。
例えば、ハイキングに行く場合は、サンダルやスニーカーではなく、丈夫でサポート力のあるハイキングシューズを履きましょう。

これらのヒントに従うことで、あなたの足を育み、サポートする靴を選ぶことができます。

正しい靴の選び方と履き方について

子どもの靴選びで重要なことは、靴屋さんで正確な足のサイズを測り、経験豊富なシューフィッターに選んでもらうことです。

選んだ靴は、指先に少し余裕があるサイズを選ぶようにし、立った状態で指先の余裕を確認することが必要です。
座った状態では正確なサイズを測ることができないので、絶対にやめましょう。

靴の内側には中敷きがあり、それを外せるタイプの靴であれば、中敷きを外して指先の余裕や靴幅を確認することもできます。

靴は、サイズや靴幅がメーカーによって異なるため、表記だけに頼らず、実際に履いて比べ、足に合っているかを確認することが大切です。
せめて5足は履き比べ、歩き方をチェックすることをお勧めします。

子どもに「靴は合っているか?」と聞くことは絶対にしてはいけません。
子どもは自分の足に靴が正しく合っているかをよく分からないため、親がしっかりと確認することがとても重要です。

正しい靴を選んだら、それを適切に履くことが重要です

選んだ靴に足を入れる際には、靴の踵に「トントン」と足の踵を当て、靴の踵が足の踵にフィットするように調節しましょう。
次に、前かがみになり重心を置きながら、靴の締め具を「ギュッ」と締め上げます。
最後に、足指が動けるか確認し、動ける場合は靴が適していると言えます。
正しい靴の履き方をすることで、足指に力が入り、正常な発達を促すことができます。

靴を履く時に、つま先を「トントン」することは決してやらないようにしましょう。
このような動作は、足の指が屈んでしまい、足のトラブル「屈み(かがみ)指」や「ハンマートゥ」になりやすくなる原因になります。


家計に負担がかかる買い替え頻度の高い子供靴。
子供の足のことをきちんと考えて作られているかどうか確認出来ない低価格の靴もあります。

そんな時は、子供靴を「買う」から「借りる」へ考え方を変えることをお勧めします!

「Kutoon(クトゥーン)」という子供靴レンタルサービスを利用すると、月々の定額料金で、約2000足以上から選べ、毎月1回交換することができます。
買い替え頻度の高い子供靴だからこそ、買うから借りるへ考え方を変えることで、多くのメリットを得ることができます。

子供靴レンタルサービス「Kutoon」のメリット

メリット①常に適したサイズの靴を履かせてあげられる!

子供の成長は速いため、すぐに靴が小さくなってしまったり、適していないサイズの靴を履かせてしまうことがあります。
そのため、少し大きめのサイズを購入することもありますが、それでもジャストフィットではなく、歩きにくく、靴をすり減らす原因にもなります。
このサービスでは、毎月靴を交換することができ、常に適したサイズの靴を選択することができます。それにより、子供は歩きやすく、親も安心して靴を選ぶことができます。
これは、成長期の子供の靴を「買う」よりも「借りる」ことが良い理由のひとつです。

メリット②選び放題!多彩な靴を楽しめます。

親も子供も、同じ靴を着用し続けると飽きてしまうかもしれません。
そのため、様々なデザインの靴を気分に合わせて履きたいと思うこともあるでしょう。
特に女の子はこだわりが強く、選ぶデザインや色なども好みによって異なります。

メリット③靴の洗い方が面倒だと感じることはもうありません!

そして、このサービスには、靴を洗う必要がないという点も嬉しいところです!
靴を返却する際には、汚れたままで大丈夫です。

これは、特に家事の中で靴洗いが苦手な人にとっては、嬉しいところです。
靴を洗ってもすぐに汚れる子供たちにとっても、このサービスは最高です。

返却された靴は、専用の洗剤できれいにクリーニングが行われ、除菌消臭もされるので、安心して使用することができます。

メリット④送料が含まれているため、月会費以外に追加の費用はかかりません。

いらない靴を処分する際に配送料が高くてフリマアプリでの出品を諦めた経験があるかもしれませんが、こちらのサービスでは、交換の際の配送料は全て無料で対応しています(月1回まで)。
そのため、月会費以外の費用はかからず、安心して利用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました