いらない靴をリサイクルや下取りに!処分方法もチェック

未分類

靴は毎日履いているものだから、時間の経過や使用感によって経年劣化が進んでしまいます。しかし、そんな靴はリサイクルや下取りに出すことで再利用することができます。今回は、いらない靴をどのようにリサイクルや下取りに出すか、そして処分方法についてもご紹介します。

スポンサーリンク
Kutoon

いらなくなった靴 どうする?

どうなったら靴を処分する?判断する基準はコレ

  • サイズが合わなくなった靴

靴は、サイズが合わなくなってもまだ履ける状態であるため、捨てるのは難しいかもしれません。そんな時は、寄付や知人への譲渡、リサイクルなど、次に有効活用できる方法を検討することをおすすめします。「捨てる」ではなく、「譲る」という考えを持つことで、処分が容易になるかもしれません。

  • 2年以上使っていない靴

1年間履かなかった靴は、その先も使用することがないと言われています。しかし、環境や気候が原因で1年間履く機会がなかった場合もあります。そのため、2年間履かなかった靴は、その先も使用することがないと判断するのも1つの処分の基準になります。ただし、スノーブーツや長靴など特別な用途や目的がある場合は、再び使うことがある可能性があるため、別として考えるべきです。

  • 修理ができない靴

ソールが剥がれている靴も、種類や状態によっては修理して使用することができるものがあります。例えば足に慣れた革靴は、ソールを交換することでも続けて使用することができます。

しかし、スニーカーのような靴は、ソールを交換することが困難で、処分した方が良いことが多いです。

また、アッパーに穴が空いたような靴は、修理することができるところが少ないため、処分の対象になることが多いでしょう。

  • デザインが古い靴

靴には流行りもあります。時代遅れのデザインや奇抜すぎて自分のスタイルに合わない靴は、淡々と処分することが望ましいでしょう。シンプルなデザインの靴は流行に左右されにくいため、次回靴を購入する際には、時間の経過とともに変わらない、飽きのこないデザインの靴を選んでみてはいかがでしょうか。

いらない靴の処分方法7選

  • 新しい靴を購入するお店で引き取ってもらう

新しい靴を買う際には、古い靴を処分するために靴屋さんに持って行くことができます。お店によっては、古い靴を下取りしてもらうことで割引やクーポンなどの割引が受けられることもあります。

ただし、2020年以降はコロナ禍の影響により多くの下取りサービスが中止になっているため、事前に確認してから持って行くようにしましょう。古い靴は、状態によっては寄付やリサイクルに利用されることもあります。

  • 寄付する

不要になった靴を寄付や譲渡することで、誰かに役立つことができます。配送料などがかかる場合もありますが、捨てるのではなく、社会貢献することができる処分方法です。

靴は発展途上国でも喜んで使ってくれる人がたくさんいるので、寄付することで子どもたちに使ってもらったり、NPOの活動資金にすることもできます。

【特定非営利活動法人 SB.Heart Station】

【ワールドギフト】

【ECO Trading 不用品宅配回収】

  • 知人・親族に譲る

使用されなくなった靴を譲渡することで、身近な人にとって役立つことができます。友人や知り合い、特に子供がいる家庭に対しては「頻繁に靴を買い替えるのは大変」という声がよく聞かれます。

ですので、お下がりする際は靴の状態や状態を確認し、相手が「押し付けられた」と感じないように提案することが重要です。

また、SNSを使って譲渡先を探すこともできますが、写真やサイズなどを事前に確認し、トラブルを防ぐことが必要です。宅配便を利用する場合は、送料の負担についても話し合う必要があります。

  • リサイクルショップに売却する

不要になった靴をリサイクルショップで売却することもできます。ただし、カビや汚れ、壊れがある場合は買い取りはされないことが多いため、靴の状態は特に大事にし、修理し、汚れを落としておくよう心がけましょう。

靴袋や靴箱などの付属品もあると買い取り価格が変わります。ブランド品の靴やプレミアスニーカーは高値が付くこともあります。

特に人気のあるルイ・ヴィトンやシャネル、Berlutiやaldenなどの最高級革靴は当然買取の対象になりますので、処分を検討する際にはリサイクルショップで査定してみることをおすすめします。

  • フリマ・オークションサイトで売却する

「いらなくなった靴・履かなくなった靴」を、メルカリやヤフオクといったフリマアプリを使って売却する方法があります。これらのアプリは誰でも簡単に出品や購入ができるのが魅力ですが、トラブルを回避するためには、商品の詳細な説明を記載し、利用規約を守ることが必要です。

靴の状態が良好であれば、「必要な靴」や「欲しかった靴」として第三者にとって需要があり、ちょっとしたお小遣い稼ぎになる可能性もあります。

ただし、ニーズがなければ出品したからといってすぐに靴が売れるわけではないので注意が必要です。また、値下げ交渉などに自分で対応するのも手間がかかり、売れた場合でも支払いが振り込まれるまでに時間がかかることもあるため「急ぎではないのでお金にしたい人」にはおすすめです。

  • 一般ゴミで処分する

靴は使用後にどのように処分すれば良いか迷ってしまうことがありますが、自治体のルールに従って分別しましょう。一般的には、革製の靴や布製のスニーカーは「燃えるごみ」に分類されますが、合皮の靴やブーツ、金具やスパイクがついている安全靴、スポーツ用シューズなどは「燃えないごみ」に分類されることもあります。

特に、金属の飾りパーツや太くて高い樹脂製のヒールの靴などは分解して、さらに分別するのが好ましいです。分別が難しい場合は、住んでいる自治体の担当部署へ問い合わせることをおすすめします。

  • 自治体の回収ボックスを利用する

不用になった靴をリサイクルするためには、自治体が設置しているリサイクルボックスを利用するのも一つの方法です。

ただし、穴が開いた靴やボロボロな靴は回収してもらえないことが多いため、再利用可能な靴だけを使用しましょう。

自治体によっては、透明または半透明のビニール袋に入れる、左右の靴を紐で束ねる、洗った靴のみ回収するなど、回収に必要なルールが異なりますので、詳細は各自治体のホームページを確認しましょう。回収した靴は、国内外でリユースされることになります。

いらない靴を処分するときの注意点

靴を処分する際には、地域によって分別のルールが異なるため、自治体のホームページや電話などで確認し、適切な方法で処分することが重要です。

シンプルな運動靴などは可燃物として処分可能ですが、装飾品が多いファッションシューズやスポーツ用スパイクは分別が必要な場合があります。

また、装飾品を取り外してからの処分も検討することができます。 処分する前には必ず地域のルールに従って行うことが必要です。

靴の査定額をアップさせるコツ

靴を買い取ってもらう際には、査定額を上げるためには、付属品を一緒に持っていくこと、履かなくなったタイミングで早めに売ること、事前に汚れを拭き取っておくこと、需要が多くなる季節の少し前に査定に出すことが重要です。

また、箱や保証書等の付属品も揃えておくことで、高値買取が期待できます。季節ものは、需要が高まるタイミングに合わせて査定に出すことが望ましいです。

サイズアウトした靴 どうする?

子どもの靴、サイズアウトの目安は?

子どもが履く靴は、サイズアウトのタイミングが早いため、3~6ヶ月で新しい靴を購入する必要があります。足のサイズが0.5cm大きくなったら、新しい靴を選ぶべきです。

子どもが自分自身で靴がきつくなってきたことに気づかないことがあるため、親御さんが定期的に足のサイズをチェックすることをおすすめします。

靴を選ぶ際に注意すべきことは、足のサイズと履き心地のバランスです。0歳の頃は実寸+0.6cm、1~3歳の頃は実寸+0.7cm、4~6歳の頃は実寸+0.9cmの捨て寸があると良いでしょう。

実際に靴を購入する場合は、足のサイズや履き心地について、販売スタッフに相談することをおすすめします。

ファーストシューズや歩き始めたときの靴の活用法

ファーストシューズや歩き始めたときの靴は、子供の成長を実感するような思い出がたくさん詰まっています。そのため、捨てる気持ちになってしまっても、本当に捨ててしまうのか悩んでしまうこともあります。しかし、そんなファーストシューズや歩き始めたときの靴を活用する方法もあります。

思い出が詰まった靴を処分・活用する3つの解決策

解決策①写真に撮っておく

記念に写真を撮ってフォトブックを作るなど、様々な形で思い出を残すことができます。その後フリマアプリなどで売るのもおすすめです。現物を触ることはできませんが、フォトブックを見返すことで、その時の思い出を楽しむことができます。

解決策②トランクルームなどに預ける

次に、宅配型トランクルームの利用です。ファーストシューズを収納し、安全に保管することができます。定期的な収納料を支払うことで、ファーストシューズをいつでも取り出せるようになります。 いつか取り出して思い出に浸れる日が来るかもしれません。

そして忘れた頃に捨てるという方法です。忘れた頃にファーストシューズを捨ててしまうことで、罪悪感なく捨てることができます。

解決策③置き場所はないけどやっぱりとっておく

小さい靴ならインテリアとして飾ることもできます。部屋が狭くなるという反面、その思い出も大切に飾ることで、その場所を特別なものにできます。

また、海外では玄関に飾ることで幸運が訪れるとされているため、それを参考にして飾るのもいいでしょう。

収納に困っているならば、車内に保管するのもいいでしょう。汚れが少ないため、インテリアとして使うことも可能です。その他、災害用の保管場所としても有効であり、急な川遊びにも役立ちます。

ファーストシューズや歩き始めたときの靴は、思い入れが強く保管する人が多いと思いますが、活用することでその思い出を守りながら、また新しい思い出を作ることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました